Blog Brocade Japan

ファイバーチャネルにおけるイノベーションこそ、競争力を高める最大の要因

by Tim Lustig on ‎03-23-2016 05:32 AM - last edited on ‎03-28-2016 08:00 PM by aokuhara (822 Views)

Brocade Blog 翻訳記事「Innovation in Fibre Channel is its Best Competitive Differentiator」 Tim Lustig 

 

最近、ファイバーチャネルは終焉を迎えつつあるという議論が高まっています。 ハイパーコンバージド・ストレージやサーバーSAN、ソフトウェア定義ストレージ(SDS)は、すべて新たなストレージ・テクノロジであり、ファイバーチャネルの代替ソリューションを提供します。 また、これらのテクノロジは、ファイバーチャネルを過小評価する意見の出どころでもあります。 もちろん、声高に主張しようとしているのは、これらのテクノロジは「あらゆることを誰にでも」を実現し、ファイバーチャネルよりも優れているということです。 実際のところ、どのようなテクノロジにも、それが適した特定のユースケースや状況があります。

 

では、あらゆるソリューションにおいて、なぜファイバーチャネルが依然として優位に立ち、市場を独占しているのか考えたことはあるでしょうか。 私が答えるならば、その理由は「イノベーション」です。 イノベーションによってストレージ市場は発展を遂げ、これからも発展し続けるでしょう。 そして、ファイバーチャネルは柔軟性が高く、ストレージ市場やテクノロジの変化と顧客の要求に適応できると証明されています。

 

テクノロジのイノベーションには、さまざまなスキルや才能を持った人材が集まる機能横断型のチームが必要です。 Brocadeは2014年、QLogicと戦略的なパートナーシップを締結しました。 このパートナーシップの目的は、ファイバーチャネル・ソリューションの開発と革新を加速させ、各世代のリリースごとに新機能を市場に提供し、継続的にファイバーチャネルのテクノロジを発展させることです。 パートナーシップの締結後、両社はプロビジョニングの合理化と時間短縮、データ転送の信頼性の向上、柔軟性の強化、管理機能の可視化の改善などを目指して、数々の先進機能を共同で開発してきました。 これらの機能は今まさに市場に登場しつつあり、管理のシンプルさと運用の安定性を高めることにより、ファイバーチャネルをストレージに最適なプロトコルとしてますます進化させています。

 

この先進の機能と4つの領域における改善の内容を下図にまとめます。

 

Brocade and QLogic End-to-End Advanced Gen 5 Technology

 

両社の戦略的な関係や、QLogicがこれらの先進機能をどのように活用してStorFusionを実装するのか詳しく知りたいときは、QLogicのChris Lorenz氏のブログをご参照ください。また、StorFusionの機能のさらなる詳細については、Todd Owens氏が追加のブログを書いています。

 

これらの新機能とそれによって実現できることを広く紹介するために、QLogicとBrocadeは2015年11月19日午前11:30(東部標準時)/午前8:30(太平洋標準時)から1時間のオンライン・セミナー「Get Smarter SAN Management from QLogic and Brocade(QLogicとBrocadeで、よりスマートなSAN管理を手に入れる)」を共同で実施します。 オンライン・セミナーの詳細や参加方法、オンライン・セミナーのアーカイブについては、こちらのリンクをクリックしてください。

 

まとめると、ファイバーチャネルは終焉に向かっているという予測は、プロトコル内で引き続き発生しているイノベーションを残念ながら考慮に入れていません。 ストレージ向けの専用ネットワーキング・ソリューションとして、ゼロから設計されて構築されたファイバーチャネルは、次々と登場するトレンドに取り組む新たなテクノロジ・イノベーションによって、大きな変革をもたらし続けるでしょう。 実際に、いま最もホットなテクノロジ・トレンドであるSSDと仮想化において、ファイバーチャネルは採用率で優位に立っています。 これらの新機能によって、ファイバーチャネルは競争力を一層高めています。 まだ私を信じられませんか。 それならばかまいません。 代わりに、Carol Sliwa氏が書いた次のTech Targetの記事をお読みになることをお勧めします: 「Fibre Channel Storage Alive and Kicking」(ファイバーチャネルは健在で魅力的だ)