Blog Brocade Japan

VMworld ブース・プレビュー:あなたは Ready for Any ですか?

by Shigeyuki Nakamoto ‎08-31-2015 05:56 PM - edited ‎07-20-2016 12:38 AM (1,236 Views)

ブロケードジャパンブログがスタートしました。ブロケードジャパンブログでは、オリジナル記事・翻訳記事を交えながら日本向けに情報を発信していく予定です。記念すべき一回目は、今週スタートしたVMworldのブロケードブース情報についての翻訳記事をお届けします。

  

--- 以下翻訳記事 Brocade Blog 「 VMworld Booth Preview: Are You Ready for Any? Marcus Thordal ----

 

VMworldブース・プレビュー:あなたは Ready for Any ですか?

 

秋空の気配を感じながらも暑さがまだ残り、学校がそろそろ始まろうとするこの時期、VMworldに向けてブロケードブースでのソリューションデモを準備する季節が到来しました(ブース#1521)。New IPへの移行をご紹介する今年のブロケードブースは、SDDC(Software Defined Data Center)、ハイブリッド・クラウド、コンバージド・インフラ、そして仮想インフラ全体を横断するネットワーク管理を柱としています。高い俊敏性と互換性、そしてシンプルな操作性を備えたネットワークへのアプローチを示すことで、あらゆる場所とデバイスで、どのようなアプリケーションでも実行可能にする世界をご紹介します。

 

まずはNSXです。HW/VTEPも提供する自動形成型のBrocade VCSファブリックはNSXに最適であり、これによってNSXによる仮想ネットワークの展開と運用により集中することができることをご覧いただけます。アプリケーション性能の保証には、vRealize Operations ManagerとLog Insightの組み合わせによって、仮想マシンからネットワークに向けて、物理インフラを通したピンポイントの可視性がもたらされます。ボトルネックやコンフィグレーションのミスがアプリケーション処理を妨げていないことを、アプリケーションとストレージ双方のネットワークにわたって、プロトコルにかかわらず確かめることができます。

 

ハイブリッド・クラウドでは、最適なリソース利用率とその可能性を生かすのには俊敏性が重要となります。展示では、Brocade Virtual Traffic Manager(vTM)が、エンド・ユーザのアプリケーション処理を最適化する様子がご覧になれます。Brocade vTMは、オーケストレーションに組み入れたプライベート・クラウドへのvTM-as-a-Serviceの展開にも、市場のVMware vCloud Airカタログからの、パブリック・クラウドへの直接展開にも対応し、トラフィックをリアルタイムに検査して、ユーザやアプリケーションのサービス処理をクラス分けするレベル管理ができ、ビジネスの成長にあわせて拡張も自由に行えます。

 

ハイパー・コンバージド・ゾーンでは、この分野に詳しいスタッフが待機しています。はじめての電源投入から仮想マシンの展開までを分単位の時間に短縮するインフラ・アプライアンスと、その展開、コンフィグレーション、管理の統合について、さまざまな話をスタッフとすることができます。ハイパー・コンバージド環境ではスケール・アップやスケール・アウトが簡単に行えることを知っていただき、ブロケード・パートナーのEMC、HDS(日立データシステムズ)、富士通によるEVOソリューションや、Nutanixのコンピュート・プラットフォームも体験していただけます。

 

フラッシュとSSDのゾーンでは、もっとも厳しい要求が課される仮想化環境の中で、フラッシュ・ストレージが仮想マシンの密度を向上しつつ、さらなる高速化を求めるアプリケーションの要件に応え、次世代のデータセンター・アーキテクチャを大きく変容するものであることが分かります。

 

VMworldは、同じ業界のさまざまな人たちと会って、アイディアを共有できるいい機会となります。新しいビジネスの要件や新しい目的のアプリケーションに対応できる、俊敏なITインフラのこれからを考えることができます。あらゆる場所から、あらゆるデバイスを使用して情報を共有し、消費する新しい世界には、新しいネットワークが必要です。いつでも、どこでも、どのようなデバイスでも実現する能力を持つのがNew IPなのです。

 

こちらは、Ready for any です。あなたは?

 

--- 以上 ---

 

いかがでしたでしょうか。現地にてVMworldにご参加の皆様はぜひブロケードブースにもお立ち寄りください。また、VMworldのエッセンスを11月に開催のvForum でご紹介する予定です。ご期待ください。