Blog Brocade Japan

デジタル・トランスフォーメーション時代に対応するネットワーク専業企業の地位の確立へ

by lcarney on ‎05-16-2016 03:20 PM (2,241 Views)

Brocade Blog 翻訳記事「Creating a Pure Play Networking Company for the Digital Transformation Era Lloyd Carney 

 

本日、ブロケードとRuckus Wireless社は、新しいネットワーク企業を構築するための共通のビジョンに向かって重要なステップを踏み出しました。私たちはデジタル・トランスフォーメーション時代の現在において、お客様の事業の成功に必要なソリューションの提供のための戦略、製品、人材、目標を持つ新たな会社へと邁進してまいります。 ブロケードは、今朝、ワイヤレス・インフラ市場のパイオニア、Ruckus社を買収する意向を表明しました。

 

今後ブロケードとRuckus社は共に、データセンターの最も重要な部分からワイヤレス・ネットワーク・エッジにいたるまで、すべてにおいて市場をリードするソリューションを提供するネットワーク専業企業を目指していきます。 ワイヤレス・テクノロジは最新のNew IPネットワーク・アーキテクチャにおいて非常に重要な要素となります。 Ruckus社が有するワイヤレス・ネットワーク・ソリューションにより、ブロケードのストレージ、データセンター、キャンパス・ネットワークおよびモバイル・ネットワークのソリューションのラインアップに高成長の補完製品のカテゴリが追加されます。 この2つの企業が合併することで、ブロケードのお客様に向けたイノベーションのためのプラットフォームとなるネットワークを提供する企業となり、より強力な地位を築くことが可能となります。

 

新会社は、弊社が目指す以下のような戦略分野にて、非常に有利なポジションよりスタートします。

  • ストレージ・エリア・ネットワーク分野で第1位
  • サービス・プロバイダ向けWi-Fi分野で第1位
  • ホテル事業向けWi-Fi分野で第1位
  • データセンター・ネットワーク分野で第2位
  • エンタープライズ・ワイヤレスLAN分野で第3位
  • エンタープライズ・エッジ・ネットワーク分野で第3位(米国およびEMEA)

 

お客様へのメッセージ: 本合併の成立時点で、お客様は市場をリードするネットワーク・ソリューションにおいて合併後の弊社の製品をご利用いただけるようになり、お客様のストレージ・ネットワークをデータセンター、キャンパス、ワイヤレス・エッジまで拡張していただけます。 両社は業界のパートナーとの協業を今後も継続してまいります。お客様は、オープンでパートナー重視の弊社の戦略からもたらされる柔軟なサービスをこれまで通りにご活用いただけます。 シングル・ベンダーまたはマルチ・ベンダーのソリューションのどちらのネットワーク・インフラを選ばれても、Ruckus社が加わった新しいブロケードが貴社のお役に立てることでしょう。 また、これまでご愛顧いただいていたセールス担当者とサポート担当者の変更は当面のところ予定しておりません。 Ruckus社のソリューションに関するセールスおよびサポートは現在のRuckus社の担当者が、ブロケード製品のソリューションに関するセールスおよびサポートは現在のブロケードの担当者が引き続き行います。  合併完了まで、両社とも各自のお客様に個別に対応いたします。 

 

パートナー様へのメッセージ: 合併完了後、各チャネル・ストラクチャおよびパートナー・ストラクチャへの変更は当面行わない予定です。 両社の合併により、長期的には両方のパートナー様に有線および無線ネットワークのソリューションにより広範囲なポートフォリオをご利用いただけ、より大きな機会をご提供できるようになります。

 

従業員へのメッセージ: 両社の合併によって、新しい会社の成長に参加する新たなエキサイティングな機会が得られます。 現在、両社にはそれぞれの業界において最高の人材が揃っています。今回の合併により、従業員のさらなる成長を期待しています。 また、Ruckus社とブロケードの両社に、多数の製品と市場の相乗効果、双方のお客様のために協業することによる実績の向上などの結果がもたらされます。

 

投資家の皆様へのメッセージ: Ruckus社とブロケードの合併により、複数の分野に対し、賢明な投資をしていただくことができます。 私たちは、今回の合併によって、2017年度第1四半期までに非GAAPの利益が増加に転じると見込んでいます。 今回の合併により、ブロケードのネットワーク・ポートフォリオに高成長をとげている製品カテゴリが追加され、ブロケードの有効市場規模(TAM)は即座に50億ドルまで拡大され、また、OpenG™による屋内ワイヤレスの事業が今後数年でさらに進展する見込みにより、さらにTAMが拡大化することが想定されています。 合併後の新会社では、製品および市場による大きな相乗効果が得られ、ブロケードの売上および利益の急速な拡大が見込まれます。 また、新会社では両社のモバイル戦略と効果的に連携し、5Gサービス、モノのインターネット(IoT)、スマートシティなどによる新たな案件を獲得できる可能性が生まれます。

 

今日は素晴らしい日となりました。私たちは目の前に広がる可能性にわくわくしています。 見込まれる販売の拡大とマーケティング効果、相乗効果の高い製品ポートフォリオ、市場機会の拡大、基本的なビジネスの加速要素、予想される投資利益、両社の文化的適合などを実現することで、ブロケードとRuckus社は共に、世界のネット・ワークソリューション業界において、唯一無二でかつ賞賛されるリーダーとなることでしょう。

 

ロイド・カーニー                                       セリーナ・ロー

ブロケードCEO                                     Ruckus社長兼CEO

 

詳細については、次のWebサイトをご覧ください。

ニュース

プレゼンテーション

 

Brocade to Acquire Ruckus Wireless

 

追加情報および入手方法

 

この資料に記載されている株式交換オファーは、まだ開始されていません。この資料は、情報提供のみを目的としており、株式の購入の申し出、あるいは株式の売却の勧誘を目的としたものではなく、Brocade Communications Systems, Inc. (ブロケード)と買収子会社(ラッカス)が米国証券取引委員会(SEC)に提出するいかなるオファー資料の代替となるものではありません。株式交換オファーが開始した段階で、ブロケードと買収子会社はで公開買付説明書(Schedule TO)を提出し、後日、修正報告を行う可能性があります。ブロケードは、登録届書(Form S-4)を提出し、その後、修正報告を行う可能性があります。ラッカスは、勧誘・推奨に関する意見表明書(Schedule 14D-9)を提出し、その後、修正報告を行う可能性があります。いずれの場合も、交換オファーについてはSECへ提出されます。ブロケードとラッカスは、買収取引に関するその他の文書もSECに提出する可能性があります。交換オファー関連資料(交換オファー、関連する転送申込書、およびその他の特定の交換オファー文書を含む)および勧誘・推奨に関する意見表明書には重要な情報が含まれます。これらの文書には、ラッカスの株主が保有する証券の交換に関する決断を下す前に考慮すべき重要な情報が含まれるため、ラッカスの株主にはこれらの資料を入手次第、慎重に目を通すことを強くお勧めします。交換オファー、転送申込書、その他の特定の交換オファー文書、および勧誘・推奨に関する意見表明書は、すべてのRuckus株保有者が無償で入手できます。交換オファー文書および勧誘・推奨に関する意見表明書は、www.sec.govでSECのウェブサイトから無料で入手できるようになります。追加の部数は、(408)333-0233にお電話で、またはir@Brocade.comを通じてブロケードのIR部門にご連絡していただくことによって、無料で入手できます。勧誘・推奨に関する意見表明の追加部数は408-469-4659にお電話で、またはir@ruckuswireless.comでラッカスのIR部門にご連絡いただくことによって無料で入手できます。

 

交換オファー、関連する転送申込書、特定の他の交換オファー文書、および勧誘・推奨に関する意見表明書以外に、ブロケードとラッカスは年次毎、四半期毎、現在の報告、およびその他の情報をSECに提出します。ブロケードとラッカスが提出したいかなる報告書やその他の情報もSECのパブリック・レファレンスルーム(100 F Street, N.E., Washington, D.C. 20549)で閲覧したり、コピーを取ることができます。パブリック・レファレンスルームの詳細情報は、SEC(Tel:1-800-SEC-0330)にお問い合わせください。ブロケードとラッカスのSECへの提出物は、商用文書検索サービス、およびSECによって運営されているウェブサイト(http://www.sec.gov)を通じて公開されています。

 

将来予想に関する記述 

 

このプレスリリースには、実際の結果とは大きく異なる可能性のあるいくつものリスク、不確実性、および仮定を含む将来の見通しに関する記述が含まれています。歴史的事実以外のすべての記述は、将来の見通しに関する記述と見なされる可能性があります。そのような記述には(それらに限定されませんが)、期待される利益と提案中の取引の費用、提案中の取引に関する管理計画、提案中の取引の完了の予測時期、ブロケードとラッカスの将来の業務に関する計画、戦略、および目的に関する記述、ブロケード、ラッカス、あるいは統合企業の製品およびサービスに関連する期待される開発、性能、市場シェア、性能競争力に関する記述、期待される相乗効果および市場機会に関する記述、期待される業務上および財務上の業績に関する記述、将来の株式買い戻しの時期と金額に関する記述、期待あるいは信念に基づくあらゆる記述、およびいかなる先述の仮定に基づく記述も含まれます。リスク、不確実性、および仮定には(それらに限定されませんが)、両社が提案中の取引を適時に開始できるか否か、ラッカスの株式の大半が交換オファーで有効に応募される条件を含む提案中の取引の開始前の条件の達成度、期待される条件で規制当局の承認を完全にあるいは適時に得られる能力、ブロケードがここに記載されている融資取得に失敗すること、提案中の取引の成果が期待通りに実現しない可能性、提案中の取引が完了する以前にラッカスの事業が買収取引に関連する不確実性あるいはその他の要因でうまく成果を上げられなくなる可能性、ブロケードがラッカスの業務をうまく統合させる能力、ブロケードが提案中の取引の完了後、ラッカスの事業に関する計画、予測、およびその他の期待を達成し、期待される相乗効果を実現させる能力、提案中の取引後に起こる事業の混乱、およびブロケードとラッカスが各々、四半期財務報告書(Form 10-Q)および年次財務報告書(Form 10-K)など、SECに提出している報告書に記載されているその他のリスクが含まれます。当プレスリリースに含まれる将来の見通しに関する記述は発表日時点でのもので、ブロケードとラッカスは新しい展開が起ころうとも起こらなくても、そのような将来の見通しに関する記述を更新する一切の義務を負いません。

 

※本ブログは、米国時間4月4日に配信されたブログの日本語抄訳です。記載内容について英語版との齟齬がある場合は、英語版が正しいものとします。英文オリジナルはこちらを参照ください。